らーめんなりたけ 幕張店@幕張「魚だし醤油らーめん」780円

 千葉を代表するこってり背脂ラーメンの雄「なりたけ」の勢いが止まらない。千葉にこだわってていねいな出店を重ねていたなりたけが、誰もが驚いたフランス・パリへの出店と大ブレーク。そこから東京(錦糸町)、名古屋と相次いで出店。千葉は津田沼本店と本八幡、千葉の3店舗体制を堅持していたが、千葉店を閉店させて今回幕張店をオープンさせた。
 しかし、その業態はこれまでの街中の路面店と違ってロードサイドの大型店。なりたけのこのようなスタイルの店は見慣れないので落ち着かない。しかもこれまで背脂一辺倒だったメニューに、背脂を使わない和風ラーメンが登場。看板にも「こってりだけじゃない」の文字が。浅草の人気店「弁慶」出身で、千葉で最初に背脂ラーメンを根付かせた名店の歴史的転換。
 魚介の風味香る半濁スープは、背脂ラーメン同様に調味はかなり濃い目ながらも背脂がない分、口当たりはサッパリ。細めの自家製麺もこれまでのなりたけにはなかったもの。チャーシューも他の具材も通常のラーメンとはまったく別。まさかなりたけのラーメンに水菜が乗るとは。場所柄、ファミリー客を想定した部分が大きいのではないかと思う。
 創業して20年ほどになるなりたけの新たな挑戦。今後の展開が俄然楽しみになってきた。ちなみに幕張店というが、幕張駅からはかなり遠い。京葉道路武石インターを降りて数分なので、車でのアクセスが一番スムーズだ。

らーめんなりたけ 幕張店
千葉市花見川区武石町1-242-1
11:00~22:00
水曜定休
京葉道路「武石」ICより車で1分、京成線「京成幕張」駅より徒歩20分


0コメント

  • 1000 / 1000