中華そば 銀次郎@船橋競馬場「中華そば」600円

 京成線船橋競馬場駅前に8月オープンした新店。店名よりも大きく「中華そば」と書かれた看板が煌々と輝いている。ラーメンと大きく書かれた看板はたまに見かけるが、中華そばというのはチェーン店以外だと珍しい。しかし、何屋か分かる事が大事なのだから、交通量の激しい国道沿いでは正解なのだと思う。
 店内は厨房に面する形のカウンターと、テーブル席が多く配されたレイアウト。メニューは「中華そば」「煮干し中華そば」「濃厚中華そば」「つけそば」の4本立て。どれも気になるところだったが、初訪なので「中華そば」を。
 店主は和食出身と聞いていたが、確かにそのラーメンは和の趣ある一杯になっていた。鶏に昆布や節系などの乾物を合わせたスープには、下総醤油を用いた深みある醤油ダレが合わされている。キリッとした味わいと漆黒の色合いは、千葉ならではの醤油ラーメンという印象。肉厚のチャーシューはほろほろに崩れるほど柔らかく煮込まれている。麺は中太のやや縮れ麺で、少しずつ醤油が染み込んでいくのが意外と悪くない。
 元々地元出身の方なのだろう、地元の顔見知り客が多く集っている模様。同時にサラリーマンなどのグループ客やカップルなどもいて、客層はかなり幅広い。早くも地元に愛されているようで、長く続いて貰える事を祈りつつ、次は煮干しや濃厚を食べてみたいと思うのであった。

中華そば 銀次郎
船橋市宮本8-42-4
11:30〜15:00,17:00〜22:00/土日祝11:30〜22:00
不定休
京成線「船橋競馬場」駅より徒歩1分


0コメント

  • 1000 / 1000