山路力也

記事一覧(160)

【新店】ラーメン西山家 君津店@君津「ラーメン」700円

 2018年9月、木更津駅前の屋台で人気だった店の実店舗が君津にオープン。「カレータンタンメン大河家」の跡地。屋台は現在も営業しているそうなので、屋台が本店でこちらは屋台の支店か。店主は千葉の家系ラーメン草分け的存在である、木更津の林家にいた方とか。屋台は未訪なので今回が初となる。 超保守的家系好きとして、昨今の量産型家系ラーメンに辟易としている私としては、こういう「正しい家系ラーメン」の新店は嬉しくて仕方がない。しかし「正しい家系ラーメン」って何なんだろう。この店でラーメンが出て来るまでのあいだ、しばしそんな事を考えていた。 ゲンコツ、背ガラ、鶏ガラなどを使い店内でスープを炊いている。取り切りではなく常時骨を継ぎ足し組み直して、ひたすらスープを取り続けている。麺を平ざるであげ、もちろん変な湯切りパフォーマンスはしない。麺は酒井製麺が望ましい。ホウレンソウは冷凍物が望ましい。レンゲは添えない。ネギは申し訳程度しか入っていない。店主は独学ではなく家系店で修業経験がある。必要以上に愛想を振りまく事なく、短髪でタオルを頭に巻き白の上下。店内BGMはラジオが望ましい。 これぞザ・昭和のラーメン屋。平成も終わろうとしているのに昭和。この店は上記の要素のほとんどをクリアしている。違うところは麺が酒井ではないことと、ホウレンソウが冷凍ではないくらいか。麺は大橋だろうか。屋台の方は湯切りパフォーマンスがあるそうだが、こちらの店はいたって寡黙でシンプルだ。 ノーコール、すべてノーマルで注文したが、やや油多め味濃いめのイメージで出て来た。カエシが強めでやや醤油角が立ったような印象だが、竹岡式でもお馴染みの富津宮醤油を使っているのだとか。この地域ならこのくらいの塩度が丁度良いのかも。鶏油はもう少し甘さが欲しいところだが許容範囲内。 チャーシューは大判でしっかりとしたものが二枚。ホウレンソウは食感がシャキシャキなのは家系っぽくないかな。海苔はヘタレ過ぎず溶けず、ネギも少なめでいい感じ。盛りつけも丁寧で良い顔をしたラーメン。正しい家系の定義はいまだ難しいところだが、この店は私的に正しい家系と言いたくなる、そんな店だ。

【新店】中華蕎麦 ます嶋@千葉中央「中華蕎麦」750円

 11月21日オープン。千葉駅と千葉中央駅の中間ほど、富士見の一蘭向かい、月の坊脇を入った路地に出来た新店。通りから入った路地にあるが、この道はなかなか通る事がない。一応外の通りからは提灯などが見えない事は無いが、立地としてはなかなか厳しい場所。「ます嶋」と書いて「ますじま」と読むよう。 こちらは美光商会という携帯電話代理店やECサイトなどを手掛ける会社の飲食部門。他にも和食店などを営んでいるが、ラーメン業態は初。ファサードや店の作りなどにも個人店とは違う手の入り方が感じられる。L字カウンター9席と比較的小さな店ながら、狭い厨房にはスタッフが5人、ホールにも1人という手厚い配置。オープン2日目の夜にお邪魔したが常に満席だった。 メニューは「中華蕎麦」一本でトッピングのバリエーション。変わったところでは「ばけ」と名付けられた味付きの替え玉。混ぜそばのようにしてそのまま食べられるし、スープにも入れられるというもの。もちろん中華蕎麦をオーダーする。 スープは豚鶏の清湯で、魚介も使っているような味わいで、骨よりも肉を感じるスープだが、取り敢えず白醤油の甘さが印象に強く残る。そして油もかなり多めでオイリーなスープだ。村上朝日製麺の細ストレート麺は春よ恋を使っているとのことで、ややザクッとした食感。具はバラチャーシュー、穂先メンマ、青菜、ネギ、ナルト。 不味くはないし欠点もないとも思うが、特段感動もない。無難なラーメンの設計や店の作り方、オペレーションも含め、実に手慣れていて、良くも悪くもプロの仕事を感じる店。豚骨やガッツリとしたラーメンが多いエリアでの清湯は、ある一定のニーズがあるかとは思うが、果たしてその挑戦は如何に。健闘を期待したい。

【訃報】

 元末広家(中野家)の野中広光さんが10月9日に御逝去されました。 1998年にまだ千葉では数少なかった横浜家系ラーメンを根付かせた先駆者として、横浜家系ラーメン中野家(のちの末広家)を、盟友の中田さんと二人三脚で立ち上げた野中さん。そして神奈川や埼玉に遅れを取っていた千葉のラーメンシーンを盛り上げようと、様々な企画やイベントでご一緒させて頂いた、僕にとっても言わば同志のような存在です。 一時期ラーメン界から離れておりましたが、2年程前からまたラーメンをやりたいと戻って来られて、実は中田さんと共に新店を出そうと物件探しなどをしている最中でした。その繋ぎとして工場勤務をされている仕事中に事故に遭われて不幸な事になりました。51歳の若さ、大変残念で無念でなりません。 前職のドライバー時代からずっと共に生きて来られた中田さんや、新店で同じ厨房に立つ予定だった中田さんの息子さんも悲しみの中にいます。それでも「野中に怒られるから」と気丈に休まず営業をされています。お店に行かれる事があっても、しばらくはどうぞそっとしておいてあげて頂けたらと思います。 お別れは今週の木曜金曜に営まれます。どうぞよろしくお願い致します。御通夜:10月18日(木)18:00〜御葬式:10月19日(金)11:30〜12:30式場:セレモ千葉寺駅ホール(千葉市中央区末広4-25-15 043-261-4444)喪主:野中秋穂 さん※末広家は木曜と金曜を臨時休業します。

博多だるまJAPAN イオンモール幕張新都心店@海浜幕張「博多ラーメン」650円

 昔はフードコートといえばレストラン街と較べると格下というイメージしかなかった。その理由の一つとして、そもそもが昔のフードコートには店名らしい店名すらついていなかった。路面の飲食店が出店するというケースは皆無に等しかったと思う。それがいつしかマクドナルドや吉野家などのファストフード業態が出店するようになり、フードコートの店に名前がつくようになった。それが今ではナショナルチェーンではない店が出店するようになっている。特にラーメン界ではそれが著しい。 博多だるまは言わずと知れた福岡の老舗ラーメン店である。そのフードコート業態が博多だるまJAPAN。イオンモール幕張新都心のフードコート「LIVE KITCHEN」にはオープン当初から出店している。まさかだるまのラーメンをフードコートで食べられるようになるとはなぁ。しかも千葉で。 久々の訪問なので改めて基本の「博多ラーメン」を。このメニュー名にはやや違和感を覚える。博多ではラーメンと言えば博多ラーメンや豚骨ラーメンを指すので、メニュー名はどこの店も大概が「ラーメン」だ。だから博多の人間が初めて東京のラーメン店で「ラーメン」と頼んで透明な醤油ラーメンが出て来て驚いたという話があるほど。 粘度と濃度がある豚骨スープはタレの味わいがやや強めに出ていて、クッキリとした輪郭が感じられる味わい。かなり乳化している上に油分も多いスープだが、強めのタレが全体を引き締めていてぼやけた感じがしない。極細ストレート低加水麺も硬めに茹で上げてある。紛うことなき関東人がイメージするステレオタイプな博多ラーメンになっている。 それは別の言い方をすればストレートな博多ラーメンとはちょっと違い、ある一定のローカライズがなされているということなのだが、ただ博多だるまのラーメンは福岡でも濃度や粘度が高く、ある意味で異端の存在でもある。そういう意味では比較的本場の味に近いものを出していると言って良いだろう。

らぁめん屋うどす@福俵「ギドラ味玉」900円

 2015年オープンの店にようやくの訪問。とはいえただただ3年も放置プレイにしていたわけではない。実はこれまでに何度かトライはしていたのだが、定休日だったり連休明けの臨休だったりしたのだ。まぁ言い訳でしかないけれど。すみません。 ここは以前「麺屋あらき竈の番人 東金店」があった店舗でかなりの大箱。国道126号沿いロードサイドで台方交差点の至近。共用の駐車場が20台分ほど完備されていて、最寄り駅からは徒歩10分以上なので、車でのアクセスがオススメだ。 こちらは「らーめん福たけ」出身の須藤さんが独立した店。須藤だから逆にして「うどす」ね。まずは店に入って店主の須藤さんに長らくの放置プレイを丁重にお詫びしてカウンターに着く。福たけ同様、背脂ラーメンを筆頭に白湯やら煮干しやらたくさんメニューがあるので、須藤さんにおまかせで何か出して欲しいとお願いしたところ、彼が選んだのは「ギドラ」だった。 「濃厚鶏白湯煮干し」というキャッチ通り、スープは鶏白湯と煮干しを合わせたもの。福たけのガメラの鶏バージョンというか、福たけ系列店の山ねこ的アプローチというか。濃厚ではありながらもしつこくなくスルッと飲めるスープが実に良く出来ている。塩度もさほど高くなく最後まで飽きずに飲める絶妙なバランス。浅草開化楼の太ストレート平打麺は、個人的にはもう少ししっかり茹でた方が好みかな。バラロールチャーシューも柔らかでしっとり。味玉もしっかりと味が染みていて美味。 いや本当、何年も放置してて申し訳ない。豊富なメニューと接客やサービス、キッズルームの設置など含めて家族連れなどにオススメ。さらにラーメン好きも十分満足するレベルの高さで、幅広い客層に訴求力のある店だと思う。また近々必ずや再訪したいと思う。今度は数年放置することなく。