らーめん八幡屋@ちはら台「豚めん」700円

 市原ちはら台の人気店「和風鰻麺八幡屋」が、2017年10月に全面リニューアル。老舗鰻店の息子が鰻を使ったラーメンを作り上げ話題を集めてから十有余年。旧店舗の敷地内に新たな上物を建てて、ハコも中身も店名までも一新しての再スタートを切った。

 看板メニューはこれまでのラーメンの延長線上にある「魚介とんこつ」と、昨年閉店した系列店の麺屋八角でも出していた「豚めん」、さらに「濃口中華そば」の3種で、これらを「八幡屋3大名物」としてメニューはもちろん店頭などでもパワープッシュしている。今回はそのうちの「魚介とんこつ」「豚めん」を食べてみた。個人的にはあまりガッツリ系は得意ではないのだけれど、八角時代のラーメンは決して嫌いではなかったので。

 豚めんというメニュー名の通り、豚に関しては二郎などにみられるチャーシューの扱いとは異なり、甘辛く煮た豚バラ肉がたっぷりと盛られている。個人的にはこういうアプローチの豚の方が好き。スープは軽めの背脂チャッチャ系。豚骨魚介同様に食べやすく万人に受けそうなバランスになっている。なお野菜増しや漬けニンニク増しなどにも対応しているので、パンチやボリュームの欲しい人にはカスタマイズも可能だ。



らーめん八幡屋
市原市潤井戸1308-2

11:00~16:00,17:00~21:00/土日11:00~21:00
火曜定休
京成線「ちはら台」駅より徒歩15分

0コメント

  • 1000 / 1000