Dining Bar RAGTIME@勝浦「白醤油の中華そば 洋風仕立て」1,200円

 勝浦部原の海が望めるオシャレなダイニングバー。しかしながらラーメンも本格的という店だ。店主の水野さんは勝浦タンタンメンを出している市内のラーメン店などの取りまとめもやっており、地元のラーメン屋さんや飲食店からの信頼も熱い。もちろん一番人気は勝浦タンタンメンなのだが、今回はちょっと変わったアプローチの中華そばを。

 白醤油をタレに使った中華そばというのもさることながら、ダイニングバーらしく洋風にまとめているのが面白い。ほんのりとトリュフの香りを加えているアプローチは、今でこそ時々見られる手法だが、元々は同じ千葉外房の「Bee Hive」が最初だったのではなかったかな。豚肉もチャーシューではなくてコンフィ。それだけでグッと洋風になるのだが、スープと麺という基本部分がラーメンだとちゃんとラーメンに収まるから面白い。
 この店の酷なところはラーメンだけですまないところ。この日も肉料理やらパスタやらデザートやらとしっかり食べてしまった。ここはやはりダイニングバー。ラーメンだけを食べるのは勿体ないので、色々食べて締めにラーメンを食べて欲しい。

Dining Bar RAGTIME
勝浦市部原1928-32

11:00~14:00(LO),17:00~22:00(LO)
月曜定休

JR線「勝浦駅」より車で5分

0コメント

  • 1000 / 1000