麺ダイニング 山壱@八千代台「淡麗鶏清湯らーめん(醤油)」720円

 京成八千代台駅前に2019年11月オープンしたお店へようやくの訪問。「麺ダイニング」という店名から、もっとモダンなファサードをイメージしていたが、提灯や暖簾がかかっていて割と普通のラーメン店のイメージ。ただ、店内に入ると黒と赤を上手く使ったクールな雰囲気になってはいる。
 イタリアン出身の店主が作る鶏ラーメンとの前情報は頂いていたが、いざ店に来てメニューを見ると、清湯と白湯、さらには味噌や鶏清湯魚介なんかもある。お店の方に基本の一杯はどれか伺ったところ、やはり清湯醤油だと言うのでそれをお願いする。
 スープは鶏ベースで魚介がふんわり香るバランスで、カエシも角が無くスープに馴染んでいる。刻んだ生姜や玉ネギ?のようなものが乗って来ましたが、個人的にこれはNG。昔ながらの町中華の臭み消し生姜が強く出た味わいを想起してしまった。もちろんそれは意図的なことだろうし、ネオノスタルジックを狙っているのかも知れないが、スープの旨味が薄れてしまうような気がしてやや残念。
 麺はパツッとした食感のストレート麺だが、個人的な好みとしてはもう少し茹でたいところ。チャーシューは鶏、豚の二種類でどちらも厚みがあるもの。鶏を主張するのなら豚は無くても良い気がするが、豚チャーシューが好きな人は多いのでこれはこれで喜ばれるのだろう。
 丼も黒ではない方が良いのではないかとか、香味油をいじったらもっと深くなるかなとか、細かな部分で気になるところは多々あれど、まぁ重箱の隅のような話で、概ね美味しくまとまっているラーメンだと思う。真面目に丁寧に作られているのが伝わるラーメン。いわゆるラーメンフリークには刺さらないかも知れないが、年に一度来るか来ないかというフリークを相手にするよりも、地元密着的アプローチとしてはこのラーメンで全然OKなのだと思う。いずれにせよ、他にもたくさんメニューがあるのでまた別のラーメンを食べに来なければ。

麺ダイニング 山壱
八千代市八千代台南1-11-9

11:30~14:30,17:00~22:00
火曜定休
京成線「八千代台駅」より徒歩2分

0コメント

  • 1000 / 1000