雷 松戸駅東口店@松戸「雷そば(ミニ)」800円

 中華蕎麦とみ田が手掛けるガッツリ系業態。とみ田のイメージとは異なるラーメンではあるが、実はいわゆる「二郎インスパイア系」の先駆は、富田氏が独立する前にこうじグループで開発して立ち上げた「角ふじ」ブランド。赤羽二郎が好きだった富田氏が、筑波の学生向けの業態を考案する時に、二郎よりもスープが濃厚で麺が太く、具のボリュームも多くした「角ふじ麺」を世に出したことで、二郎インスパイアのデフォルメ競争が始まったともいえる。

 そんなとみ田のガッツリ系ブランドの本店は北松戸にあり、しばらく改装のため休業していたが、今年6月にリニューアルオープンを果たしている。こちらはその休業期間に系列の富田食堂があった場所にオープン。暫定移転なのかと思っていたが、どうやら雷の支店としての二店舗体制になるようだ。

 麺量は150gのミニから450gの特まで100g刻みの4段階。ミニといっても通常のお店のラーメン以上はある。とにかく丼の半分は覆うかという肉厚大判のロールチャーシューが圧巻。麺はとみ田ならではの密度の高いどっしりとした平打ち太麺。スープはドロリとした濃厚な豚骨醤油スープ。野菜は茹でモヤシとキャベツ。ニンニクは注文時に聞かれる。

 あくまでもラーメン二郎は発想の根幹にあるもので、雷そばは雷のオリジナルラーメンである、という方針がビシビシと伝わって来る。インスパイアなどと括られるラーメンの多くは、パクリであったり劣化コピーであることがほとんどだが、このラーメンはパクリでもコピーでもなくオリジナリティにあふれているのが良い。

 気になるトッピング「カレーモントレー」(120円)はカレー、マヨネーズ、チーズを合わせたもの。なんだろ、ピザーラとかを真似たのかな。混ぜそば用なのかと尋ねたところ、ラーメンでもつけ麺でもとのこと。ラーメンにそのまま入れるのではなく、つけ麺のように麺や野菜をディップして食べた方が、ラーメンにカレーが支配されないで良いかな。


雷 松戸駅東口店
松戸市松戸1240-3

11:00〜15:00,18:00〜翌2:00
木曜定休
JR常磐線・新京成線「松戸」駅より徒歩3分

0コメント

  • 1000 / 1000