らーめん頑々坊子@千葉「とんこつ醤油ラーメン」770円

 千葉駅西口で長年愛されている『頑々坊子』が2020年末で一旦閉店し、2021年3月に前店舗から数百メートル離れた並びに移転オープンした。諸事情により移転を余儀なくされるケースは多々あれど、この至近距離で移転が出来たのは店にとっても客にとっても素晴らしい。看板のロゴもメニューも変わっておらず、長年ご無沙汰していた人には一瞬移転したかも分からないほど。

 長時間炊いたライトな口当たりの白濁豚骨スープに甘めの醤油ダレ。粘度が高いわけではないが旨味がしっかりとあって満足度が高いスープだ。新潟の製麺所に特注した細ストレート麺は博多のような低加水麺ではなく中加水麺。替え玉が無料サービスなので硬めやバリカタなど博多ラーメン的な楽しみ方をしている。九州ラーメンでも家系でもない豚骨醤油ラーメンは、千葉の豚骨ラーメンと呼びたくなるようなオリジナリティがある。

 やはり長年愛されているラーメンには安定感があり隙がない。世の中の流行に流されることなく、このラーメンはこの先ずっとこの味とスタイルで提供され続けていくのだろう。千葉ラーメンを代表する一杯と言って良いマスターピースだ。

 


らーめん頑々坊子
千葉市中央区新千葉2-5-14

11:00〜20:00
無休
JR線・千葉都市モノレール線「千葉」京成線「京成千葉」「新千葉」各駅より徒歩4分

0コメント

  • 1000 / 1000