拉麺いさりび&覓茶@千葉「ネオ中華そば」900円

 2013年に船橋で創業以来、人気を集めている『拉麺いさりび』が、ついに千葉市に初進出。出店場所はそごう千葉店10Fのレストラン街の一角。これまで山頭火、梅光軒と入れ替わって来たラーメン店舗の跡地になる。県外の有名ラーメン店の何軒かからも出店相談を受けていた物件なのだが、県内のラーメン店が出店するとは思わなかった。
 船橋の本店にもアジアンデザートの「覓茶(ミーチャ)」屋号の店が併設されているので、そのまま千葉に出店して来たイメージなのだろうか。確か店主の奥様がデザートの方をやられていたように記憶する。

 看板メニューの「ネオ中華そば」は、動物系魚介系乾物系がどれも突出することなく、強めのカエシと野菜の甘味が全体をまとめあげる、バランス型の醤油ラーメン。麺は中太ストレートのパツンとした食感が印象的。船橋で以前食べた時は浅草開化楼だったと思うが、こちらは京都宝産業のもの。コンフィしたチャーシューの食感も良い感じに仕上がっている。このラーメンであれば、この場所でも十分勝算があるだろう。

 そして千葉店限定メニューの「Rose」は、ベジ白湯をビーツで色付けというビジュアル型ラーメン。見た目の際どさとは裏腹に優しい味わいにまとまっている。この色で選ぶ人もいるだろうが、この色で避ける人もいるはずで、そういう意味では攻めている一杯。具材を別皿にするのは好みではないが、この色を生かすための方策なのだと思う。

 実は「Rose」を最初に食べた時にまったくもって味がせず、一瞬スープの本来の味だけを楽しむ設計なのかと思ったが、メニューに「塩ラーメン」と書いてあったのでキッチンに確認をお願いしたら、やはり塩ダレの入れ忘れだった。渡した食べかけのラーメンにそのまま塩ダレ入れて来たのには少し驚いたが、お詫びに烏龍茶をサービスしてくれた。

拉麺いさりび&覓茶
千葉市中央区新町1000 そごう千葉店10F
11:00~20:00
無休(施設に準ずる)
JR線・千葉都市モノレール線「千葉」京成線「京成千葉」各駅より徒歩2分

0コメント

  • 1000 / 1000