【新店】麺処せんり@みどり台「千葉BLACK」700円

 2021年11月にオープンした新店に訪問。最寄駅としては一応みどり台だが、1km以上あるので車で行く店だ。地元民もなかなか通らぬ工場地帯のバイパス沿いにある『MrMax 千葉美浜店』内にオープン。並びには美浜ニューポートリゾートという複合施設があるが、残念ながら年内で閉店が決まっている。

 ここにMrMaxがあることを今回初めて知ったが、どこに店舗があるのかなと思ったら入ってすぐのところにいきなりあって驚いた。セルフのフードコートスタイルだが、他に飲食店はない模様。

 こちらは『博多一風堂 千葉店』を運営する会社の新業態。一風堂直営ではなく暖簾分け店である一風堂千葉店。店主の緒垣氏はフードトラックも展開するなど、色々独自の路線で頑張られている。

 ラーメンは一風堂千葉店オリジナルで出している限定ラーメン「千葉BLACK」「千葉RED」と「博多ZERO」の3種類。千葉BLACKは竹岡式、千葉REDは勝浦タンタンメン、博多ZEROは一風堂で時々出すライトな博多ラーメン。オープン当初ということもあり、博多ZEROはまだ出されていなかった。

 フードコートスタイルなので券売機で注文し、出来たらカウンターへ取りに行くスタイル。綺麗に盛り付けられた美しいビジュアル。竹岡式なのでスープのベースはウルトラライト。竹岡式をイメージすると、タレの醤油感はかなり控えめ。醤油は宮醤油ではなくちば醤油を使っている。この醤油でチャーシューを煮込んだものをタレとして使う。

 スープに背脂が浮いているのと麺が博多の低加水麺なところが、竹岡式とは異なるオリジナリティだが、竹岡式に背脂は市原のいしいで経験済みなので、合うのは間違いなく。もっと大粒の背脂の方がインパクトがあって良いかもしれない。博多麺は基本的に万能だと思うので、このスープにもしっかりと合う。

 肉厚のチャーシューはしっかりと味が染みていて、竹岡式らしいと言えばらしいが、そこは狙っていない気もする。海苔は木更津金田のものを使っているとのこと。ヤクミの玉ねぎはかなり控えめなので、個人的には倍量入ってても良いかな。

 一風堂創業者の河原成美氏からもアドバイスを貰ってブラッシュアップしたという一杯。千葉店店主の緒垣氏は経験も豊富なだけあって、ベテランらしく上手にまとめた一杯という印象だが、なぜ千葉産にこだわるのか、このご当地ラーメンなのか、なぜこの博多麺なのか、という、しっかりと語れるはずのストーリーがラーメンやファサードから伝わってこないのはちょっと残念。

 誤解のないように言えば、実に美味しく出来ているのは間違いない。多分一般のお客さんは満足するだろう。しかし、器用な人が無難にまとめたラーメンという印象なのが実にもったいない。まぁそれこそスーパーの客は何もそんなことは求めていないのだろうが、美味しいけれどラーメン好きや一風堂好きはなんとなくモヤモヤする感じかな。


麺処せんり
千葉市美浜区新港32-12 MrMax千葉美浜店内

11:00〜19:30
不定休(施設に準ずる)
京成千葉線「みどり台」駅より徒歩13分

0コメント

  • 1000 / 1000