博多だるまJAPAN イオンモール幕張新都心店@海浜幕張「博多ラーメン」650円

 昔はフードコートといえばレストラン街と較べると格下というイメージしかなかった。その理由の一つとして、そもそもが昔のフードコートには店名らしい店名すらついていなかった。路面の飲食店が出店するというケースは皆無に等しかったと思う。それがいつしかマクドナルドや吉野家などのファストフード業態が出店するようになり、フードコートの店に名前がつくようになった。それが今ではナショナルチェーンではない店が出店するようになっている。特にラーメン界ではそれが著しい。

 博多だるまは言わずと知れた福岡の老舗ラーメン店である。そのフードコート業態が博多だるまJAPAN。イオンモール幕張新都心のフードコート「LIVE KITCHEN」にはオープン当初から出店している。まさかだるまのラーメンをフードコートで食べられるようになるとはなぁ。しかも千葉で。

 久々の訪問なので改めて基本の「博多ラーメン」を。このメニュー名にはやや違和感を覚える。博多ではラーメンと言えば博多ラーメンや豚骨ラーメンを指すので、メニュー名はどこの店も大概が「ラーメン」だ。だから博多の人間が初めて東京のラーメン店で「ラーメン」と頼んで透明な醤油ラーメンが出て来て驚いたという話があるほど。

 粘度と濃度がある豚骨スープはタレの味わいがやや強めに出ていて、クッキリとした輪郭が感じられる味わい。かなり乳化している上に油分も多いスープだが、強めのタレが全体を引き締めていてぼやけた感じがしない。極細ストレート低加水麺も硬めに茹で上げてある。紛うことなき関東人がイメージするステレオタイプな博多ラーメンになっている。

 それは別の言い方をすればストレートな博多ラーメンとはちょっと違い、ある一定のローカライズがなされているということなのだが、ただ博多だるまのラーメンは福岡でも濃度や粘度が高く、ある意味で異端の存在でもある。そういう意味では比較的本場の味に近いものを出していると言って良いだろう。


0コメント

  • 1000 / 1000